スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

となり町戦争

うちの本のパトロンから招待券をもらったので、観に行った映画。となり町戦争
一言でいうと駄作。なんだこの映画?特に前半部分。だらーっとした雰囲気に
中途半端なユーモア。監督の自己満か?って感じがみてとれて、はじめの20分
くらいでかなりイラっときて、彼女と一緒じゃなきゃ、途中で映画館出てたな。

まぁ後半になるにつれて、映画っぽくなって、最終的にはまぁまぁかっていう感じには
おちついたけど、前半部分で観る気をなくす。なんかこういうことしたら面白いんじゃない?
って監督が思ったことを、いろいろやってたみたいで、意味不明のとこで、スローに
なってみたり、変な効果音使ってみたり、いろいろ実験してる風なカットとかがいっぱい
あるんだけど、どれもこれもやってることが、全部つまらないし、余計だったわ。

後半は小説同様、戦争っていうものが身近になり、そしてリアルになってきて、よい感じに
なってきたのだけど、やっぱり通例どおり、原作を読んだ映画は見に行っちゃいかんね。
がっかりするだけ、今回はほんとそれを痛感したわ。俳優はみんなよかったんだけどね、
きっと監督がいかんのだと思う。原作がほんとにいいだけにこの映画は残念でならないわ。
この映画で、となり町戦争を判断されちゃあ、困るよね。原作はこの映画の100倍は
面白いので、この映画でがっかりした人もぜひ読んでみてください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

そうでしょ、そうでしょ。
この映画は愛媛県で全編ロケしたということで・・・愛媛県で大プッシュしている映画なのですが~
まぁ駄作でしたね。(夫が会社で前売り買わされたのでタダで見に行きました)
原作読んでない私など「???」の連続で。しかもテロップが余計だったし(苦笑)

原作ありき・・・っていう映画は難しいですね(^^;
特に先に原作を見てしまった方としては。
様々な絡みがあるにしろ、脚本家は小説と映画の違いを意識していないとね。

僕もこの小説は凄く気に入りました。
うーん、映画駄作でしたか。
原作の独特の雰囲気を映像で伝えるのは難しかったんですかね。

もこさん★
ですね、愛媛で先行上映とかやってましたね。なんか監督の自己満って感じで、うちが一番苦手とする
パターンの映画だったと思います。

えーみさん★
そうなんですよね。原作のイメージが自分の中で出来上がっちゃってると、もうまったくの別物として
くれないと逆にいやな感じになっちゃいます。

ムラさん★
小説はすごくいいですよ。というか三崎亜紀はいまのところはずれなしです。バスジャックもオススメ。
小説でしか出せない世界観っていうのもあると思うのですよね。だから映像化しないほうがいいものも
たくさんあると思うのです。
プロフィール

diesuk (ダイスケ)

Author:diesuk (ダイスケ)
丸の内にある本屋で遊ぶ野良猫書店員。文芸書が好きなビジネス書担当。HONZレビュアー。映画、音楽、ファッション、ライブにいくこと、おしゃれをすることが好き。かわいいもの、美しいもの、シンプルなもの、遊び心のあるものが好き。


RSSリーダーで購読する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
ツイッター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。