スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回くらい休みと、オススメブックス

本日と明日、場合によってはあさってもすごろくはお休み予定。
ハイペースだったのでちょっと一休みっていうかネタ切れ。えー。

話は変わって、今月発売の『文藝』はかなりオススメ。ほんとこれは買いだよ、買い。文藝賞発表号ってことで受賞作の荻世いをら 『公園』と中山咲 『ヘンリエッタ』2作品が全文掲載されてて(どっちもなんか新しい風を感じるし、読みやすくていい)さらに、綿矢りさの芥川賞受賞後初の長編小説(単行本だと300ページくらい)となる『夢を与える』も掲載。(綿矢りさの完成されてる文章がすごく好きだったけど。今回のは期待の割にはなんだろう?なんか違ったなぁ。好きな作家なだけにちょっと残念。


そんな三ツ星の小説2本がたったの1200円で読めちゃう。ほんとこれはお買い得だと思うわ。それにね、うちの予想ではこの3作のうち2つはね、きっとたくさん売れると思う。だってほんと面白いんだもん。なんで先物買いとしてもかなりオススメだと思う。ってことでこの秋オススメの1冊って言う自分の企画にトラバしてみる。


★☆★☆★トラバンケート(とらばアンケート)テンプレ☆★☆★☆

「あなたの薦めるこの1冊」に対しての思い入れなどを記事にして
トラックバックしてださい。締切日は10月中旬。締め切り後の
トラバもOKです。 結果は後日まとめ記事にして発表予定。
皆様の参加を心よりお待ちしております。

(記事のあとにこのテンプレを記載してください。)

企画元/2+2=5 (http://diesuk.exblog.jp/)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

diesuk (ダイスケ)

Author:diesuk (ダイスケ)
丸の内にある本屋で遊ぶ野良猫書店員。文芸書が好きなビジネス書担当。HONZレビュアー。映画、音楽、ファッション、ライブにいくこと、おしゃれをすることが好き。かわいいもの、美しいもの、シンプルなもの、遊び心のあるものが好き。


RSSリーダーで購読する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
ツイッター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。