スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年3月の読書録

3月の読書メーター
読んだ本の数:34冊
読んだページ数:7317ページ

漫画本9冊、雑誌2冊、読み返し2冊なので、実際のところは21冊。月20冊ペースはなんとか維持できてるからこの調子で今月もいきたい。今年のベストって書いてるのが2つもある(笑)というか、山崎ナオコーラさん、朝井リョウさん、中村航さんどれもめちゃくちゃ当たりだったな。ほんとこの3作品を1次投票で入れてもいいくらい。でもまだ3月。この調子だと来年の本屋大賞の投票はめちゃくちゃ悩みそうだ。

私の中の男の子私の中の男の子
山崎ナオコーラさんの描く男女の距離感がとても好き。この作品も絶妙な距離感で描かれている。男女間の友情とか、恋愛とかそういったものの感覚がきっと自分に似ているんだろうな。いや~、これはいい作品。今年読んだ中でベストかも。
読了日:03月02日 著者:山崎 ナオコーラ

マツリカ・マジョルカマツリカ・マジョルカ
装丁に惹かれてジャケ買い。ジャケ買いにハズレがないのはなんでだろう?めっちゃ好みな作品だった。まず人間レベルの低い主人公と不思議な美少女。この設定だけでもご飯何倍食べれるの?って感じで、文体も軽快でとっても読みやすい。結末がどれも陰鬱な雰囲気なのは好き嫌いが別れるところだけど、ストーリーおもしろい。なによりマツリカさんの魅力に悩殺された。こんな人になら柴犬とか呼ばれてパシリ扱いされても全然いいと思うわ。あと冷静に考えるとこの主人公かなりおいしい状況にいるよね。羨ましいぞ~!
読了日:03月03日 著者:相沢 沙呼

人を魅了する 一流の職業人であるための技術人を魅了する 一流の職業人であるための技術
もし妻に何かしてくれと頼まれたら、すべて投げうってそれをすべきである。著者がいうように、このアドバイスだけでもこの本を買う価値があると思う。これができない夫(彼氏)が世の中にどれほど多いことか…(じぶんの経験も含めて…)
読了日:03月03日 著者:ガイ・カワサキ

けむたい後輩けむたい後輩
栞子の痛さというか薄っぺらさに、読んでてイライラ。その周りにいる男どもも、同じような薄っぺらい人間ばかり。ラストの展開で、それもスッキリしたはずなんだけど、なぜかモヤモヤしたものが残るんだよなぁ。なんでだろう?って思ったら、たぶん真実子の台詞が何者にもなれてない自分に対して、言われてるように感じちゃって、なんだかグサッと刺さったんだろうな。いろんな意味で痛い。
読了日:03月04日 著者:柚木 麻子

少女は卒業しない少女は卒業しない
エンドロールが始まるで涙し、夜明けの中心で再び涙。ほんと朝井さんは天才だと思うわ。細かい仕草やちょっとしたことの描写がどれもほんと美しい。「エンドロールが始まる」は今年読んだ小説の中でダントツのベスト。これはほんといい本だ。
読了日:03月05日 著者:朝井 リョウ

さらば雑司ヶ谷 (新潮文庫)さらば雑司ヶ谷 (新潮文庫)
サブカル(B級映画)好きにはたまらない小説。タランティーノの映画を彷彿とさせるっていうか、そのままのシーンもあるし、でもガンバルマンだし、巻末にはオマージュしたものが列挙されてるし、なんなんだこれは?池袋ウエストゲートパークっぽい感じもあるなと思ったら、オマージュの中にもそのタイトルがあったし(ただし小説ではなくドラマ版)雑司が谷にはちょうどこの間ひぐらし文庫をみに行ったとこだから、なんだか縁を感じるし、なんだかんだでとにかくおもしろい。ってなんだこの感想は?
読了日:03月06日 著者:樋口 毅宏

PKPK
PK、超人は群像で読んでたので再読。PKに関しては震災のあと「勇気は伝染する」という言葉に、とても励まされたのを覚えている。見えざる大きな力というのは最近の伊坂作品によくでてくるテーマだと思うんだけど、今回はそういう力と自分の信念を天秤にかけたときどうするべきなのか?というようなことを考えさせられた。子供に恥ずかしくない方を選ぶというのは子を持つ人にとっては至言だと思う。作中にせせらぎ(ごきげんようおひさしぶり)が重要な役割ででてくるのが、ちょっとなぁ…。
読了日:03月07日 著者:伊坂 幸太郎

閉じこもるインターネット――グーグル・パーソナライズ・民主主義閉じこもるインターネット――グーグル・パーソナライズ・民主主義
なにげなく使っているインターネットに思わぬ落とし穴があることを初めて知った。フィルターバブル問題。TwitterやFacebook、Googleを普段から使っている人はこの本を読んで現実を知った方がいいと思うな。情報リテラシーを得るためにも必読。一つ言えることはFacebookやGoogleは私企業であるということを忘れてはいけない。知らないうちにあなたもフィルタリングバブルに包まれているかも。
読了日:03月09日 著者:イーライ・パリサー

私が「白熱教室」で学んだこと ボーディングスクールからハーバード・ビジネススクールまで私が「白熱教室」で学んだこと ボーディングスクールからハーバード・ビジネススクールまで
勉強ということを根本のところから考えさせられる1冊。グローバルな人材を目指す人は必読。うちの店にどんぴしゃな本だと思うな。リベラルアーツを学びたくなった。
読了日:03月11日 著者:石角 友愛

プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実プロメテウスの罠: 明かされなかった福島原発事故の真実
震災、原発事故から1年の節目を迎えたところで、現実と向きあうために読んでみた。そこでわかったことは国や自治体にはいざという時には頼れないということ。自分の身は自分で守らなくてはいけない。国民はもっと関係官僚や東電へ怒りをぶつけるべきなのではないだろうか?原発事故はまだ収束していない。内部被曝による健康問題など、これから日本が背負っていかなければいけないことは山のようにある。起きてしまったことはしょうがないで片づけてはいけない問題がここにはある。
読了日:03月12日 著者:朝日新聞特別報道部

34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
無職さんの表情にめっちゃ惹かれる。作品全体から発せられる空気感がなんとも言えずたまらん。これは良作!
読了日:03月13日 著者:いけだ たかし

グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論グローバル資本主義を卒業した僕の選択と結論
基本を完璧にこなす。すぐやる。当たり前のことを当たり前にできる人になる。それがこの本から学んだこと。
読了日:03月14日 著者:石井至

Happy BoxHappy Box
伊坂さんの「weather」は色々推測させるような伏線をはって、思いっきりミスリードをさせてから…そうきたか!という驚きでなんだかハッピー。中山智幸さんの「ふりだしにすすむ」は不思議な魅力があった。今後に期待。真梨幸子さんの「ハッピーエンドの掟」は構成が斬新。こんな転換のパターンはみたことない。小路幸也さんの「幸せな死神」は死神の精度を思い起こさせる感じでいいね。死神がよりPOPなのも素敵。ただ全体的にちょっと物足りなさを感じた。アンソロジーってなかなか難しいよね。
読了日:03月15日 著者:伊坂 幸太郎,小路 幸也,山本 幸久,真梨 幸子,中山 智幸

BRUTUS (ブルータス) 2012年 4/1号 [雑誌]BRUTUS (ブルータス) 2012年 4/1号 [雑誌]
読了日:03月15日 著者:

「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ
。『失敗の本質』自体は敷居が高くて読めないと思っている自分には、ぴったりのレベルで書かれているので、とっても読みやすいしわかりやすかった。大局的に見るのが苦手とか、帰納法で考えるとか、自分がまさにダメな典型であることに軽く凹んだ。
読了日:03月16日 著者:鈴木 博毅

さがしもの (新潮文庫)さがしもの (新潮文庫)
本との出会いというのは恋人との出会うようなもの。本が好きな人にはたまらない本だと思う。好きな人と本の趣味が合うっていうのはとっても素敵なことだと思う。自分が面白いと思った本を好きな人も面白いと思ってくれたら、それだけで幸せだろうな。とっても素敵な本でした。オススメしてくれたUJ姫に感謝。
読了日:03月17日 著者:角田 光代

インサイド・アップルインサイド・アップル
ゲラをもらってたので、発売前に読了。アップルという企業についてここまで踏み込んで書かれている本はいままでないはず。アップル好きならずとも気になる内容だと思う。経営手法としては真似できるようなものではないけど、世界で一番の企業の経営の一端が垣間見えておもしろい。大企業であるけど、組織の規模を大きくしないってのは大事だと思う。ジョブズなきあとのアップルがどうなっていくのか?この本を読むとなんとなくわかる気がする。
読了日:03月18日 著者:アダム・ラシンスキー

エムブリヲ奇譚 (幽ブックス)エムブリヲ奇譚 (幽ブックス)
山白朝子=乙一というのを店頭のPOPにて認識して読んでみた。乙一や中田永一は大好きなんだけど、山白朝子の作風はちょっと苦手だった。うむ、残念。
読了日:03月21日 著者:山白朝子

ノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきことノマドライフ 好きな場所に住んで自由に働くために、やっておくべきこと
本田直之さんの作品にはいつも感化されている。まさに私のメンター的な存在です。ノマドライフ、書店員の自分にはノマド的な生活は難しいかな?とか思ったけど、やり方を考えればいけるかもしれない。そのためには絶対的な地位を確立しなくてはいけないよなぁ。
読了日:03月21日 著者:本田直之

夜の写本師夜の写本師
円環、魔術、宿命、運命、などを包含した壮大なファンタジー。ゲド戦記にも負けないレベルの物語だとおもう。世界に広まってほしい。写本っていうのもいい。本というものが持つ力をまざまざと見せつけられた感じ。
読了日:03月24日 著者:乾石 智子

パラダイス・ロストパラダイス・ロスト
ジョーカーゲームシリーズの中でもこれは最高傑作ないではないかな?寝るのを忘れるほどストーリーにのめり込んで、あっという間に読んでしまった。やっぱこのシリーズは好きだわ。クロスワードパズルね…。
読了日:03月25日 著者:柳 広司

ウレぴあ 2012年 5月号ウレぴあ 2012年 5月号
読了日:03月25日 著者:

俺物語!! 1 (マーガレットコミックス)俺物語!! 1 (マーガレットコミックス)
絵をみてギャグ漫画だと思ってたら、予想に反して王道の少女漫画的展開、しかもボーイミーツガールものであやうく涙しそうになったりして。というかボーイミーツガールものにじぶん弱すぎるわ。でも最後のアレは反則すぎるw
読了日:03月26日 著者:アルコ

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
読了日:03月26日 著者:羽海野 チカ

3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)3月のライオン 2 (ジェッツコミックス)
読了日:03月26日 著者:羽海野 チカ

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)
読了日:03月26日 著者:羽海野 チカ

3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)3月のライオン 4 (ジェッツコミックス)
読了日:03月26日 著者:羽海野 チカ

3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)
読了日:03月27日 著者:羽海野 チカ

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)
読了日:03月27日 著者:羽海野 チカ

3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)3月のライオン 7 (ジェッツコミックス)
読了日:03月27日 著者:羽海野 チカ

マクドナルドの経済学マクドナルドの経済学
『勝ち続ける経営』(朝日新聞出版)を読んでいる人にはちょっと物足りないかもしれない。あちらで原田泳幸さんが言っていたことのおさらいのような感じになってしまっているのがちょっと残念。ただ4章の「明日の顧客」を「今日呼ぶ」ために。ここは前著にはなかった話。しかもここにこの本の良いところがみごとに集約されている。ここを読むだけでもこの本を買う価値はあるとおもう。
読了日:03月27日 著者:原田 泳幸,伊藤 元重

星空放送局星空放送局
読了日:03月31日 著者:中村 航

星に願いを、月に祈りを星に願いを、月に祈りを
どうか君の夜空に、優しい星が流れますように。素敵だ、ほんとに素敵な作品。とっても好き。愛してる。なんでだろ?読み終えてから涙がとまらないんだよね。胸を打つっていうのかな?大好きなあの人のことを思い浮かべて、ぜひ読んでください。
読了日:03月31日 著者:中村 航

I LOVE YOU (祥伝社文庫)I LOVE YOU (祥伝社文庫)
伊坂さんの透明ポーラーベアは伊坂さんの短編では一番好きな作品。中村航さんの突き抜けろも最高。中田永一の百瀬もいいし、かなりお買い得な1冊だよね。
読了日:03月31日 著者:伊坂 幸太郎,石田 衣良,市川 拓司,中田 永一,中村 航,本多 孝好


2012年3月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
スポンサーサイト

2月の読書録

2月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:6309ページ
ナイス数:0ナイス

偉大なる、しゅららぼん偉大なる、しゅららぼん
読了日:02月01日 著者:万城目 学
あまからカルテットあまからカルテット
読了日:02月01日 著者:柚木 麻子
真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)
読了日:02月02日 著者:大沼紀子
圓さん、天下を回る (ゴールデン・エレファント賞シリーズ)圓さん、天下を回る (ゴールデン・エレファント賞シリーズ)
読了日:02月04日 著者:升本 九八
「見えてる人」になるたった1つの法則「見えてる人」になるたった1つの法則
読了日:02月05日 著者:セス・ゴーディン
わが性と生 (新潮文庫)わが性と生 (新潮文庫)
読了日:02月10日 著者:瀬戸内 寂聴
星やどりの声星やどりの声
読了日:02月10日 著者:朝井 リョウ
Oh! My God!! 原宿ガールOh! My God!! 原宿ガール
読了日:02月13日 著者:きゃりーぱみゅぱみゅ
偶然の科学偶然の科学
読了日:02月16日 著者:ダンカン・ワッツ,Duncan J. Watts
オン・ザ・ロード (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-1)オン・ザ・ロード (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-1)
読了日:02月17日 著者:ジャック・ケルアック
今夜も残業エキストラ (PHP文芸文庫)今夜も残業エキストラ (PHP文芸文庫)
読了日:02月18日 著者:吉野 万理子
つながらない生活 ― 「ネット世間」との距離のとり方つながらない生活 ― 「ネット世間」との距離のとり方
読了日:02月18日 著者:ウィリアム・パワーズ
泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。 (徳間文庫)泥棒猫ヒナコの事件簿 あなたの恋人、強奪します。 (徳間文庫)
読了日:02月19日 著者:永嶋 恵美
仙台ぐらし仙台ぐらし
読了日:02月20日 著者:伊坂 幸太郎
陽だまりの彼女 (新潮文庫)陽だまりの彼女 (新潮文庫)
読了日:02月21日 著者:越谷 オサム
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
読了日:02月23日 著者:森見 登美彦
震える牛震える牛
読了日:02月24日 著者:相場 英雄
レジェンド 伝説の男 白洲次郎 (朝日文庫)レジェンド 伝説の男 白洲次郎 (朝日文庫)
読了日:02月26日 著者:北 康利
成毛眞のスティーブ・ジョブズ超解釈成毛眞のスティーブ・ジョブズ超解釈
読了日:02月27日 著者:成毛 眞
モンスターU子の嘘モンスターU子の嘘
読了日:02月28日 著者:越智 月子

2012年2月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

1月の読書録

一月の読書録

1/4 『愛さなくてはいけないふたつのこと』 松浦弥太郎
1/6 『身の上話』 佐藤正午
1/8 『グーグル ネット覇者の真実』 スティーブン・レヴィ
1/9 『習慣で買うのつくり方』 ニール・マーティン
1/10 『情報の呼吸法』 津田大介
1/12 『ホームグラウンド』(ゲラ) はらだみずき
1/15 『暮らしのヒント集』 暮しの手帖社 編
1/16 『勝ち続ける経営』 原田泳幸
1/18 『蜩ノ記」 葉室麟
1/19 『コーヒーブルース』 小路幸也
1/20 『晴天の迷いクジラ』(ゲラ) 窪美澄
1/​21 『2022年-これから10年、活躍できる人の条件』 神田昌典
1/22 『誰かが足りない』 宮下奈都
1/23 『ユリゴコロ』 沼田まほかる
1/24 『終点のあの子』 柚木麻子
1/25 『あまからカルテット』 柚木麻子
1/26 『共食い』 田中慎弥
1/27 『道化師の蝶』 円城塔
1/28 『ピエタ』 大島真寿美
1/29 『人質の朗読会』 小川洋子
1/30 『ジェノサイド』 高野和明
1/31 『プリズム』 百田尚樹

ということで 全22作!月間に読んだ冊数としては過去最高!
なかでも本屋大賞​にノミネートされてる作品の一気読みが効いてるね。
やれば1日1冊もできるじゃん!昨年あまりにも文芸書を読んでなかったので
その反動から文藝熱が高まってこんな感じになったのよね。

周りから読むのが早いねと言われてるけど、読むのは全く早くない。
単に読んでる時間が長いだけだと思う。速読とかデキないし…。
その証拠に月の後半は通勤の往復1時間と寝る前1~5時間、または
朝の1~3時間で1日3~5時間読書をしていたのよね。
(休日前だと夜中にもっと長い時間読書をしていた日もある。)

読書の楽しさに目覚めた1月なのでした。この調子を継続できれば
年間200冊も夢じゃないな!

2010マイベスト10

あけましておめでとうございます。
今年もBooks Pistolsおよびdiesukを
よろしくおねがいします。


さて、2011年最初の記事は2010年のマイベスト10を
紹介したいと思います。ベスト3はこのブログで既に
紹介させていただいてますが、それも含めて2010年に
読んでよかったものをみなさんにお届けいたします。
それではさっそく10位からみていきましょう!

続きを読む

2010年はこんな本が売れました。(後編)

こんにちわ。diesukです。2010年も残すところあと10数時間。
前回に続き今年、丸の内ではどんなビジネス書が売れたかを
振り返ってみたいと思います。今回は後編ということで
7月~12月を振り返っていきたいと思います。

2010年後半にヒットしたものといって最初に思い起こすものは
『ストーリーとしての競争戦略』をはじめとする戦略モノです。
『プラットフォーム戦略』や、『異業種競争戦略』といったものが
ロングセラーとなりました。特に『ストーリーとしての競争戦略』は、
単価が2800円もするにもかかわらず、累計売上1000冊を突破!
日経新聞に取り上げられたことで勢いは加速し、毎日10冊以上の
売上をあげています。

「ストーリー」というのは、2011年のキーワードのひとつに
なるのではないでしょうか?また『プラットフォーム戦略』
ロングセラーで現在も大きく展開しています。

あと2011年後半のヒットのキーワードに講義モノがあります。
ハーバード勢では、『これからの「正義」の話をしよう』
筆頭に経済では『ハーバードの「世界を動かす授業」』が、
またビジネスでは『ビジネスで一番、大切なこと』がヒットし、
スタンフォード大学の『20歳のときに知っておきたかったこと』
コロンビア大学の『選択の科学』など、名門大学の人気講義
書籍化したものが次々と発刊されてました。

この傾向は2011年も続くと思われます。MIT(マサチューセッツ工科大学)や
イギリスのケンブリッジやオックスフォードのものはまだ出ていないので、
『世界経済を破綻させる23の嘘』はケンブリッジの教授の本ですが…)
このあたりの人気講義が来年には出版されるのではないでしょうか?

また、ハーバードブームは講義だけに収まらず『ハーバード流交渉術 』
『ハーバードからの贈り物』といったハーバードと名がつくものはなんでも
売れる状態になっていたような気がします。

後半の主な雑感はそんなところです。それでは、月毎に見ていきましょう。

続きを読む

プロフィール

diesuk (ダイスケ)

Author:diesuk (ダイスケ)
丸の内にある本屋で遊ぶ野良猫書店員。文芸書が好きなビジネス書担当。HONZレビュアー。映画、音楽、ファッション、ライブにいくこと、おしゃれをすることが好き。かわいいもの、美しいもの、シンプルなもの、遊び心のあるものが好き。


RSSリーダーで購読する

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
ツイッター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。